妊娠時のつらい便秘の解消|運動する前にアミノ酸を飲めばダイエット効果が高まる
レディー

運動する前にアミノ酸を飲めばダイエット効果が高まる

妊娠時のつらい便秘の解消

妊婦

なぜ便秘になるのか

妊娠している女性は便秘になりやすいので注意が必要です。便秘になりやすい理由には女性ホルモンの中の黄体ホルモンと呼ばれるホルモンが関係しています。体が妊娠を維持しようとするため、取り入れた栄養を逃さないように、大腸のぜん運動を鈍らせるという作用の一つがこの黄体ホルモンにあるから便秘になりやすいのです。また、個人差はありますが、悪阻で偏った食生活になってしまいがちなところや、体が疲れやすかったり、激しい運動はできないため運動不足になりやすく便秘になりがちです。便秘解消には、水分補給がとても大切です。水やお茶、スポーツ飲料などからでも水分補給を心がけましょう。悪阻でつらい時期には自分が飲みやすいものや、便秘解消に役立つお茶もあるのでおすすめです。ですが、カフェインが含まれているものには注意が必要です。コーヒーやココア、紅茶、コーラ、緑茶、ホットチョコレートなどにもカフェインは含まれています。全く摂取していけないわけではありませんが、妊婦さんは大量に摂取しないほうが望ましいです。なかなか、便秘解消が難しい場合には、担当医に相談してみると妊婦さんでも使える便秘薬や漢方などを処方してくれます。

妊娠後期の便秘の理由

妊娠初期は黄体ホルモンによる便秘が多いのですが、妊娠後期の便秘の特徴は、お腹の中の胎児が成長し、腸が圧迫されて動きが鈍くなってしまうことで便秘になってしまうことが多いようです。やはり、妊娠後期でも便秘の解消には水分補給が大切です。起床時に一杯の水を常温で飲むことで、腸の動きを促します。食事はできるだけ食物繊維を多く含むものや乳酸菌がおすすめです。食物繊維は豆類(納豆、大豆、みそ)やフルーツ(プルーン、キウイ、洋ナシ、リンゴ)などが挙げられます。特にプルーンは鉄分も含まれているため、鉄分が足りなくなる妊婦さんにはおすすめです。他にも妊婦さんの便秘解消には、ツボ押しや適度な運動をすることにより便秘の解消が期待できます。お風呂に浸かったりし、リラックスすることも大切です。自分に合ったやり方で便秘を撃退しましょう。